春の甲子園 出場32校の選手や監督 PCR検査で全員陰性

https://youtu.be/ieu8KYqF4_Q
高野連=日本高校野球連盟などは、今月19日に開幕するセンバツ高校野球に向けて、出場32校のすべての選手や監督などを対象にPCR検査を行い、全員が陰性だったと発表しました
. 高野連などはセンバツ大会の感染対策として、大会前に出場32校のすべての選手や監督、さらに練習補助員などを含む1057人を対象にPCR検査を行いました。
.
. その結果、16日までに全員が陰性だったことが確認されたと発表しました。
.
. 高野連の八田英二会長は「ふだんから感染対策に取り組んできてくれたおかげで全員陰性が確認され、胸をなで下ろしています。部員たちの健康を最優先に考え、安全、安心な大会運営を目指します」とコメントしています。
.
. 大会では、1回戦を勝ち上がったチームは、滞在日数が長くなるとして、2回目の検査を受けることになっています。
.
. 大会は今月19日に開幕し、休養日も含めて13日間の日程で行われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *