拳銃所持60歳男、殺人疑いで再逮捕へ 須賀川、経営者男性射殺


須賀川市の中古車販売店で2月、経営者の男性=当時(37)=が射殺された事件で、須賀川署の捜査本部は、住居侵入容疑で逮捕した同市、無職の男(60)が殺人事件に関与した疑いが強まったとして、殺人容疑で再逮捕する方針を固めた。男は事件後、現場近くのアパートに侵入したとして逮捕されていた。
. 殺人事件は2月22日午後7時ごろ、同市の中古車販売店ガレージ内で発生した。
.
.  男性は致命傷となった頭部のほか、顔と足の2カ所に銃で撃たれた痕があった。捜査本部は住居侵入容疑での逮捕時に、男が所持していた回転式拳銃が殺人事件に使われたとみて鑑定を進めるとともに、銃刀法違反容疑での立件も視野に捜査する方針。
.
.  男が住んでいたアパートは道路を挟んで男性の中古車販売店の向かいにあり、男が侵入したのはアパートの自室の隣の部屋だった。捜査本部は、男と男性との間で中古車販売店のガレージでの作業音を巡るトラブルがあったことを把握しており、動機につながった可能性があるとみて詳しく調べる。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *