原宿・竹下通り暴走事故 被告に懲役18年 東京地裁判決

https://youtu.be/zglQfad9RGc
おととしの元日、東京・原宿で車を暴走させ歩行者を無差別に殺害しようとした罪に問われた被告について、東京地方裁判所は「複数の死者が出てもおかしくない危険な行為だ」として懲役18年を言い渡しました。
.
. 大阪・寝屋川市の日下部和博被告(23)は、平成31年の元日、東京・原宿の竹下通りで歩行者を無差別に殺害しようと軽自動車を暴走させて8人に重軽傷を負わせたとして、殺人未遂などの罪に問われました。
. 被告の弁護士が「統合失調症の影響が大きく責任能力がなかった」として無罪を主張した一方、検察は「責任能力はあった」として懲役20年を求刑しました。
. 東京地方裁判所の永渕健一裁判長は判決で、「『死刑制度を支持する国民は許せない』という動機に基づいて大量殺人を計画したことは、考え方としては決して許されないが、発想の矛盾の程度は大きくない。計画の状況も合理的で、統合失調症の影響は一定程度にとどまる」として、責任能力はあったと判断しました。
. そのうえで「複数の死者が発生していてもおかしくない、危険で悪質な行為で、奇跡的に未遂にとどまったとはいえ、結果は重大だ」として懲役18年を言い渡しました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *