錦織、相手も根負け“精密バックハンド”に海外歓喜「ニシコリが熱い」�

https://youtu.be/ySKuovUQwQU
世界59位にストレート勝ちでドバイ選手権準々決勝進出
.  テニスの世界ランク41位・錦織圭(日清食品)が現地時間17日、ドバイ選手権の男子シングルス3回戦で同59位のアルヤズ・ベデネ(スロベニア)に2-0(6-4、6-4)で勝利した。ATP公式中継サイト「テニスTV」は、錦織が長いラリーから決めたバックハンドウィナーの動画を公開。正確無比な一打に、海外ファンからは「彼が復活して嬉しい」「ニシコリが熱い」などと反響が寄せられている。
.
.  技術の高さが光った。第1セット、錦織がアドバンテージを得た第1ゲームだ。ベデネのサーブから長いラリーに。左右に揺さぶられながらも食らいつく錦織は、甘くなった返球を見逃さなかった。バックハンドを振り抜くと、ボールはラインいっぱいに決まった。サーブから数えて16打のラリー。相手も根負けする粘りで、幸先よくブレークした。
.
.  実際の映像を「テニスTV」が「ニシコリが猛スピードで戻ってきた」とつづって公開。ベデネも諦めた精密な一打に、海外ファンからは「ケイ、素晴らしい。最高だ」「よくやった」「才能溢れる選手が戻ってきた」「ブラボー」「彼が復活して嬉しい」「ニシコリが熱い」「ケイ、この調子」などとコメントが寄せられている。
.
.  2回戦に続いてこの試合もストレートで勝利した錦織は次戦、世界ランク81位のロイド・ハリス(南アフリカ)と4強入りをかけて対戦。同4位のドミニク・ティエム(オーストリア)を破って勝ち上がってきたダークホースが相手だが、2021年初の準決勝進出を決められるだろうか。(THE ANSWER編集部)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *